トップ / 学校での人の敬称について

学校での人の敬称について

友達と学校と先生

学校でよく使われる敬称

どんな人も、最初に敬称を使うのは、小学校から高校にかけてでしょう。そして卒業して大人になり、何十年も経ってから同窓会で使うのは、その当時呼んでいた呼び方ではないでしょうか。お互いに年を取っても、たちまちの思い出が蘇って、意識は当時そのままになるのが不思議です。最近の学校では、男女とも「さん」付けで呼ぶと言います。しかし中年以上の人は、男の子には「くん」、女の子に対しては「さん」が普通でした。またませた高校生などは、生徒同士で先生のことを「さん」付けで呼ぶこともありました。こうした敬称は、相手に対する尊敬であると同時に、親しみの表現でもあったのです。

ヘアースタイル

学校での敬称について

学校では、ほかの人に対してどのように呼ぶのがいいのでしょうか。以前は、先生から生徒には名字や名前の呼び捨てが当たり前のことがあったりしましたし、生徒同士ではあだ名で呼び合うということもあります。しかし、最近の傾向としては、相手に対しては敬称として、「~さん」といった呼び方を勧めるようになっているのです。これは男子に対しても女子に対しての同様であり、性別ではそれほど関係ないのです。誰に対しても丁寧に対応することで、公平感と敬意が感じられるようになるので、学校の現場ではそのように呼ぶようになっているのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校での髪型を考える. All rights reserved.